急な出費などでどうしてもお金が必要、そんな時に頼れるのがカードローンでのキャッシングです。多くのキャッシュディスペンサーで出金することができるので、困った時に何かと役に立ちます。気軽に使えるイメージのカードローンですが、実はカード発行の審査はなかなか厳しめだったりします。そんなカードローンの審査について書いていきたいと思います。

まず、審査の際に必ずチェックされる項目ですが、一番重要視されるのは他社での借入、返済状況になります。借入、返済に関する情報はCICや全情連といった信用情報機関を介してカード会社同士で共有されているので、嘘を書いても必ずバレてしまいます。ほとんどの業者が信用情報機関の情報を参照していますので、自己申告は正しくしたほうがいいでしょう。ちなみに消費者金融においてはおおよそ年収の三分の一が上限借入額の目安になっています。ただ、銀行系のカードローンの場合はその基準が適用されないので、理論上は借入金額の上限は各社の判断に任される形になります。
また、最近は携帯電話の本体分割購入の契約も信用情報機関に登録されるようになりました。携帯電話料金の未払いがあれば、それも登録されてしまうので注意が必要です。未払いはネガティブな情報となって審査に影響を与えかねませんので、審査をする前に支払いを済ませておきましょう。